トップ / シニアも自転車保険に入ろう

シニアも自転車保険に

シニアも自転車保険に入ろう

シニアにも大事な自転車保険

シニアの方は自転車事故を起こしやすいとはいえ、講習会への参加や事故を未然に防ぐための工夫を行えば、悲惨な事故を防いでいつまでも楽しく自転車に乗ってお出かけをすることができます。しかし、万一のための備えだけは、きちんとしておくべきであることも事実です。

シニアの方が万一の事故に備えて行っておくべき備えとして、自転車保険への加入をしておくことが挙げられます。自転車保険は自転車によって引き起こされた事故を幅広く補償してくれるものであるため、万一事故を引き起こしてしまった際にも安心です。

自転車による事故は、時に車で自己を起こしてしまった時とほとんど変わらないほど高額な賠償を行わなければならないような事態も引き起こしてしまいます。そのような場合にも、自転車保険に加入しておけば十分に賠償を行っていくことができますので、自転車保険への加入は年齢が上がっていくごとに必須になってくると言えるでしょう。

自転車保険は、大きく分けて「個人賠償責任保険」と、「傷害保険」から成り立っています。個人賠償責任保険とは、前述したように人に怪我を負わせてしまったり、人のものを壊してしまったりした際にその金額を賠償するための保険です。保険料によっても異なりますが、1億円までの補償を行ってくれるようなものも多く、高額の賠償に対しても対応できることも多くなっています。

傷害保険は、自分が事故で怪我を負ってしまった場合に利用する保険です。自分が事故に遭って怪我をした場合に、その入院や通院の治療費を補償してくれます。また、自転車に乗っているときだけでなく、歩行中に自転車にはねられた場合にも補償されるものが多くなっていますので、自転車に乗っていないときでも安心です。

近年は様々な自転車保険が登場していますが、中でもおすすめなのが示談交渉サービス付きの保険です。事故の相手方とトラブルになってしまった際にも、示談交渉サービス付きの保険であればスピーディーな解決を期待することができます。