• トップ

インプラントを安全に受けるには

インプラントの治療を受ける場合には、いくつかの注意点かあります。その中の一つにお酒に関する注意点があります。術前にお酒を飲むことは危険ですので控えましょう。お酒を飲むと、一般的に免疫力が下がるため、感染症などにかかる可能性が高まります。術前2週間から飲酒を控えることか理想とされていますが、最低前日は飲まないようにしましょう。また、手術当日の飲酒は必ず控えるようにしましょう。麻酔などの薬が効きにくくなる他、出血をした場合なとに血が止まりにくくなります。インプラントの歯根部分の手術が終わってから骨性癒着期間として、三ヶ月から半年ほどの時間がかかります。その期間も飲酒は控えることが理想です。完全にインプラントの治療が完了してからはお酒の制限は特にありませんが、抗生物質を術後に飲んでいる期間は控えましょう。術前から治療完了までお酒を控えることで、安全に治療を受けることができます。インプラントは一度失敗してしまった場合、費用も期間も更にかさんでしまう場合があるだ、しっかりと注意事項を守ることが大切です。飲酒の他、激しい運動や、喫煙も合わせて控えることが望ましいため、頭に入れておきましょう。注意事項を守ることで美しい状態をキープする期待がもてます。

↑PAGE TOP