トップ

シニアも自転車保険に

シニアが起こす自転車事故

シニアが起こす自転車事故の原因

近年では70歳、さらには80歳を超える方であっても、足腰がかくしゃくとしていて元気に長生きを続けているシニアの方が多くなっています。遠くまで歩いたり、自転車に乗ったりすることも問題なくできる方が多く、日本人の健康寿命はこれからもさらに長くなっていくことでしょう。

しかし、シニアの方は自転車などに乗っている際、若い人たち以上に事故を起こしてしまう可能性が高くなっています。まずはそんな万一の事態に備えて、自転車保険に加入したいところです。

なぜ、シニアの方は自転車事故を起こしやすくなってしまっているのでしょうか。シニアの方が事故を起こしてしまう原因のひとつに、身体機能が衰えてしまうという点が挙げられます。

いくら足腰が丈夫で健康的に生活できているとは言っても、70歳や80歳に差し掛かったシニアの方の身体は、やはり若い頃とは比べ物にならないほど衰えてしまっています。身体機能が低下してしまっているために、事故などの際にとっさに対応することができず、大惨事になってしまうことが多いのです。

また、視力の低下に関しても大きな原因のひとつです。シニアの方は視力が低下してしまっていることが多く、道路状況の把握が遅れてしまって事故につながるようなことも多くなっています。

このようなことから、シニアの方が自転車事故を起こしてしまうことは多くなっており、さらに事故が重大なものになってしまうことも多くなっているのが現状です。最悪の場合、事故を起こした側はもちろん、相手を死亡させてしまうような死亡事故につながってしまうことも、少なくないのです。